どのようにしてなるのか

転職には、新しい分野への挑戦もあります。育児問題・母子家庭、、保健師を必要としている人や職場はたくさんあります。

では保健師になるにはどのような方法があるのでしょうか。

看護師の資格を有していなくては保健師の資格を持つことは出来ない。
保健師は国家資格なので、国家資格試験に合格しないといけないのです。
まずは看護師国家資格試験に合格しなくてはいけません。
ですから国家資格を2つ持っていないなくてはいけない、ということになります。

一般的には看護師国家資格試験に合格したら、
6か月以上の保健師養成課程を修了させてから、保健師国家試験に合格しなければ保健師にはなれません。

ではどのようにすれば試験を受ける資格を得ることが出来、また保健師の資格を得ることが出来るのでしょうか。
専門学校か、もしくは大学に通うことが必須。
まずは看護師の基礎教育を終え、看護師資格を取得してから保健師の専門教育を受けるための保健師学校に通い、国家資格試験を受けることです。最初から看護師と保健師との総合カリキュラムを行っている学校があります。多くは大学になりますが、一部の専門学校でも行っていますので、将来的に保健師を目指すのであれば最初から総合カリキュラムを受けることが出来る学校を選択しておく方が良いでしょう。看護師の資格を有してから保健師の資格を取得します。

時間もかかりますし努力も必要な資格ですが、地域に密着した仕事ですのでやりがい感じられると思います。資格習得後は地域包括支援センターなどでの勤務が出来ますし、地域住民の生活と健康を守るといった仕事内容になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です